補助について

電気自動車による地域交通グリーン化事業をするにあたり、電気自動車による地域交通グリーン化事業の補助があります。それを有効活用して電気車両に代えてみると良いでしょう。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業で補助になる対象は、車体費用と充電設備費用となります。だから、これらの補助を受けることで一応は電気車両にすることが出来るでしょう。ただし、これらの補助と言っても全てをしてくれるわけではありません。特に車体の補助にしても会社であるだけの車体全てを補助することは出来ないでしょう。それに、最低限会社の方で支払う必要があるお金はありますので注意してください。あと、充電設備も場所が無いと作ることが出来ません。また、工事をしている間の時間にも問題が出てくるかもしれませんのでよく考えて行動してください。

 
上記で説明したように、確かにデメリットは存在します。しかし、一度設置してしまえば電気車両を獲得することが出来ますし、このような機会がこれからあるとも限りません。それに、全ての車両を電気車両にする必要は無いでしょう。数車を保持して徐々に電気車両化をしていけば無理なくすることが出来ます。その際、充電設備があればそれをわざわざ作る必要もありませんね。

 
このようにデメリットだけではありません。考え方次第ではプラスにすることが出来るかもしれないでしょう。だから、電気自動車による地域交通グリーン化事業をよく考えて見ると良いですね。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。