‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

対象地について

2013/09/24

電気自動車による地域交通グリーン化事業の対象地域というのがありますので注意してください。
電気自動車による地域交通グリーン化事業は、どこでもやっているわけではありません。あくまでも環境に問題が出る地域やあると利益があるところになります。まず、3大都市圏が対象地域になるでしょう。

 

はじめに都市を基準にということもありますが、都市なら人の数も多い上に、車両も多くあります。排気ガス量もかなり多いので、ここを電気車両にしたらかなり環境的に良くすることが出来るでしょう。また、都市に電気を供給することが出来るところがあるとかなり便利でしょう。次に、観光地です。観光地は言わずもがながら人が多く来ますね。特にタクシーの利用率はかなり高いのでここに電気タクシーがあると良いですね。

 

また、観光名所を排気ガスで汚さないようにするという名目も一応あります。そして最後に、環境未来都市でしょう。ここは、環境を良くするところだから電気車両は必ず必要になるところですから、電気車両の地域内です。
このようなところが電気自動車による地域交通グリーン化事業の対象地域となっているので、それに該当する人は電気車両にしてみることを検討してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

補助について

2013/09/24

電気自動車による地域交通グリーン化事業をするにあたり、電気自動車による地域交通グリーン化事業の補助があります。それを有効活用して電気車両に代えてみると良いでしょう。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業で補助になる対象は、車体費用と充電設備費用となります。だから、これらの補助を受けることで一応は電気車両にすることが出来るでしょう。ただし、これらの補助と言っても全てをしてくれるわけではありません。特に車体の補助にしても会社であるだけの車体全てを補助することは出来ないでしょう。それに、最低限会社の方で支払う必要があるお金はありますので注意してください。あと、充電設備も場所が無いと作ることが出来ません。また、工事をしている間の時間にも問題が出てくるかもしれませんのでよく考えて行動してください。

 
上記で説明したように、確かにデメリットは存在します。しかし、一度設置してしまえば電気車両を獲得することが出来ますし、このような機会がこれからあるとも限りません。それに、全ての車両を電気車両にする必要は無いでしょう。数車を保持して徐々に電気車両化をしていけば無理なくすることが出来ます。その際、充電設備があればそれをわざわざ作る必要もありませんね。

 
このようにデメリットだけではありません。考え方次第ではプラスにすることが出来るかもしれないでしょう。だから、電気自動車による地域交通グリーン化事業をよく考えて見ると良いですね。

 

 

 

 

 

施設の設計

2013/09/24

電気自動車による地域交通グリーン化事業で重要なのが電気スタンドです。これがどのように重要なのかを説明していきますね。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業は、電気車両を普及させる事業です。それ故に、電気車両のエネルギーを獲得するために必ず電気スタンドのようなものが必要になるでしょう。だから、電気スタンドはかなり重要になりますので、これを早急に普及させるかがかなり重要になります。特に、電気タクシーや電気トラックはかなり重要ですね。使う頻度がかなり高い上に、トラックなどは広い範囲で設置されないと、かなり辛いことになるでしょう。

 

よって早急に電気スタンドが必要になっていきます。ただ、これを設置するのはかなり大変で今現在のような電気車両がそこまで無い状態だと動くに動けません。だから電気自動車による地域交通グリーン化事業で普及させているのです。ちなみに、電気スタンドは電気を供給するだけなので、そこまで難しくはないわけではありません。確かにガソリンのようにタンクこそ大きなものを利用しなくても良いですが、それ以外で結構大変なことになるでしょう。例えば、電気を通す線というのも必要になりますね。だから、簡単には電気スタンドは設置することが出来ません。

 
このように電気スタンドという施設が必要になりますので、今後沢山できることがかなりの重要度があるでしょう。それ故に、電気車両の普及が必要になりますね。

 

 

 

 

 

電気自動車を使う

2013/09/24

電気自動車による地域交通グリーン化事業によって電気車両系が増えることになるでしょう。これらが増えることで実は電気自動車を利用する人も増えることになるでしょう。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業で電気車両を普及させるとしますね。その際に注目して欲しいのがタクシーとトラックの存在です。これらは、どうしても電気スタンドというのが必要になるでしょう。だから、電気タクシーや電気トラックが普及して多くなると必然的に電気スタンドが多くなっていきます。この電気スタンドは、もちろん車両ごとというわけではありませんので、電気自動車の方も使うことが出来るでしょう。

 

それ故に、電気自動車の方を購入してみようかなと考える人が増えていきますね。そして、最終的にガソリンを使用するような車両が減ることになるでしょう。こうして環境問題を一部解決することが出来るのです。だから、電気自動車による地域交通グリーン化事業のやり方がうまく行けば近い将来みんなが電気車両を利用することになるでしょう。ただし、これを成功するために電気スタンドが無いといけないのがデメリットです。特に田舎で電気スタンドを作るのはかなり難しいので、これがどのように行くかが考えものですね。

 
このように電気自動車による地域交通グリーン化事業で電気自動車を使う人が増えていくでしょう。この波に乗り電気自動車に代えてみると良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

電気バスを使う

2013/09/24

電気バスが一番普及しやすいと言っても良いでしょう。それ故に、普及していけばかなり環境的に良いでしょうね。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業で電気バスの普及を促しています。このバスですが、完全に一定の路線を走るので電気スタンドなどは必要ありません。今までどおりの場所で単純に電気の供給をすれば良いので、そこまで難しくはないでしょう。ただ単純に、どれくらい電気が保持できるかという問題点がありますがね。

 
バスは、一定の場所を周っていきます。それ故に、その間にスタンドで供給することが出来ません。だから、全てを周って尚且つ供給することが出来るところまでエネルギーが持てば問題ないでしょう。しかし、電気の場合蓄積出来るエネルギー量が少ないことがあり、長時間の走行が出来ないでしょう。もちろん、それなりに運転し続けることが出来ますが、下手に消費をしたまま、バス停を周ることが出来ないのがデメリットでしょう。まあ、これはガソリンでも言えることなので、そこまで気にしなくても良いかもしれませんがね。

 
このように電気自動車による地域交通グリーン化事業の電気バス化があります。これが一番シフトしやすいと思いますが、やはり問題点がありますので、今後のやり方が気になるところでしょう。

 

 

 

 

 

電気タクシーを使う

2013/09/24

a1350_000005

 

タクシーは、一定範囲内で動く公共自動車ですね。タクシーを使用することで、お金があればある程度の場所までは行くことが出来るでしょう。そして、このタクシーはかなりの数が動いているので、電気化をするとかなり良いことが多いでしょうね。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業で電気タクシーの普及をすることで、現在のガソリン価格の上昇をあまり受けなくなります。だから、電気タクシーを利用するのが良いかもしれません。ただし、全ての電気車両に言えることですが、電気を供給することが出来るところが無いのが問題で、それさえ作ることができれば、かなり電気タクシーの利用が増えることになるでしょう。

 

特にタクシーは上記で説明したように、大体一定範囲を走ることになりますので、その一定範囲に数件電気の補給場所があれば問題が解決することが出来るでしょう。だから、結構現実的な事業と言っても良いですね。だから、電気自動車による地域交通グリーン化事業をやってみるのもありでしょう。ただし、タクシーの数が多いので全てを電気タクシー化すると大変な金額になる場合があるので注意が必要ですね。

 
このように電気自動車による地域交通グリーン化事業の電気タクシー化があります。普及次第では、電気を補給することが出来るスタンドができるので、普及していけばよいですね。ちなみに、スタンドが出来ると電気自動車の方も一般的にすることが出来ます。

 

 

 

 

 

電気トラックを使う

2013/09/24

トラックは結構多くのところで使用されているでしょう。それ故に、トラックの電気車両化は結構重要になるでしょうね。

 
トラックは荷物を運ぶためにある自動車の一つでしょう。このトラックですが多くのところで使われており走行距離も相当長いのでかなり燃料費を使う上に、広範囲で排気ガスを出していると言っても良いでしょう。しかもトラック自体が多くの排気量を出すので電気化をするのにかなり適していると言っても良いですね。だから、電気自動車による地域交通グリーン化事業で電気トラックが選ばれています。

 
電気トラックを使う上でかなり問題なのが、電気を供給することが出来る場所ですね。電気を沢山持てば問題は解決するでしょうが、少距離を移動することが多いトラックにとって電気を供給出来るところがないのはかなり致命的です。特に近くに供給できるところが無いと完全にアウトですね。だから、これの問題点を早急に解決してもらうことができれば、多くのところで電気トラックを使用することが出来るかもしれません。それ故に、電気トラックの普及が必要になるでしょう。

 
このように電気自動車による地域交通グリーン化事業の電気トラック化があります。トラックの電気化をすることができれば、かなり良い点が多くなるでしょう。特に排気ガス量が著しく減らすことが出来るのがかなり良いところなので、電気トラックの普及をされると良いですね。

 

 

 

 

 

電気を使う車両について

2013/09/24

電気自動車による地域交通グリーン化事業は、電気車両の普及をする事業です。では、その電気車両というのはどのようなものがあるかを説明していきますね。

 
今回の電気自動車による地域交通グリーン化事業での電気車両は、バス、タクシー、トラックが対象となるでしょう。だから、これらの電気車両を普及させることになりますね。それぞれ基本的には燃料が電気になっただけでしょう。だから、そこまで難しいことではありません。しかし、電気を供給するところが少ないので、まずは車両の方を増やしていくことになっているでしょう。

 

そうして増えたら電気を供給する施設を増やしていく形になりますね。だから、この事業に参加して電気車両を多く普及することで、電気スタンドなどができることになりますね。それ故に、この事業中に電気化をしてみてはどうでしょうか。ちなみに、現在はやっていません。次は来年となりますので、その時にどうするかを考えてください。

 
このように電気自動車による地域交通グリーン化事業の電気車両があるでしょう。今後事業をすること自体を増やしていくことになるでしょうから、よく考えて電気車両に切り替えると良いですね。そうすれば、環境問題もかなり改善させることが出来るでしょう。

 

 

 

 

 

事業の目的について

2013/09/24

電気自動車による地域交通グリーン化事業の目的は、単純な話環境を良くするためにしている事業でしょう。だから、この事業に参加してみると良いですね。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業は、電気車両を増やすことによって二酸化炭素などの環境に良くないものを減らすための事業でしょう。電気車両は、基本的に電気で動くので二酸化炭素などのような環境に良くないものを出しません。また、燃料も電気になりますので簡単に作ることが出来るでしょう。それ故に電気車両を増やす目的がこの事業にあります。それに伴い、電気を供給することが出来る施設の設計も事業の内になりますね。だから、これから電気車両を増えていくでしょう。

 
平成24年の電気自動車による地域交通グリーン化事業は、あくまでも小規模で初めたものです。タクシーやトラック、バスを対象としており、車両のなかでかなり使用頻度が多いものをまず電気車両に変化する目的がありました。そして、来年には更に増やしていくようにしていくことでしょう。

 
このように電気自動車による地域交通グリーン化事業の目的があります。環境を良くするために、電気自動車はかなり良いものですから、この事業が良い形で成功すると良いでしょう。