電気バスを使う

電気バスが一番普及しやすいと言っても良いでしょう。それ故に、普及していけばかなり環境的に良いでしょうね。

 
電気自動車による地域交通グリーン化事業で電気バスの普及を促しています。このバスですが、完全に一定の路線を走るので電気スタンドなどは必要ありません。今までどおりの場所で単純に電気の供給をすれば良いので、そこまで難しくはないでしょう。ただ単純に、どれくらい電気が保持できるかという問題点がありますがね。

 
バスは、一定の場所を周っていきます。それ故に、その間にスタンドで供給することが出来ません。だから、全てを周って尚且つ供給することが出来るところまでエネルギーが持てば問題ないでしょう。しかし、電気の場合蓄積出来るエネルギー量が少ないことがあり、長時間の走行が出来ないでしょう。もちろん、それなりに運転し続けることが出来ますが、下手に消費をしたまま、バス停を周ることが出来ないのがデメリットでしょう。まあ、これはガソリンでも言えることなので、そこまで気にしなくても良いかもしれませんがね。

 
このように電気自動車による地域交通グリーン化事業の電気バス化があります。これが一番シフトしやすいと思いますが、やはり問題点がありますので、今後のやり方が気になるところでしょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。